さかなの流通経路
トップページへ 糸島漁協について 今月の行事 糸島の漁業
糸島のさかな 資源管理・環境保全 リンク

漁獲された魚は様々な経路をたどって店頭に並びます。

せっかく活きている新鮮な魚も市場から幾つかの仲買人を通して店頭に並びます。
お店に並ぶ頃には漁獲されてから1日〜2日経っています。
漁協では活きた魚を直接お客様にお渡しするため、料理のとき無理に過熱したりす
る必要がなく、素材の美味しさをそのまま味わう事が出来ます。

午前2時 全船帰港

各船の船上で選別箱詰め作業をしています。
選別作業

魚の種類ごとに選り分けているところです。
箱詰め作業

選別した魚を1箱づつ綺麗に並べなおして、魚の上か下に鮮度保持のため氷を敷きます。
加布里では現在エビなどを活きたまま市場に出荷しています。網を上げてすぐに活きたエビなどは他の魚とは別にクーラーなどに入れ、海水の温度管理をしながらエアーポンプをかけ、慎重に取り扱っています。
午前3時30分 トラック積み込み開始

各自分の船からリヤカーなどで一ヶ所に集めトラックに順番に積み込みます。
午前4時頃の福岡魚市場の風景

みんなが寝静まっている夜中、魚市場では何百人もの人が働いています。
右端にローラーコンベアが見えますが、加布里から運んできた魚を今から下ろすところです。
加布里の並べられた魚の一部

加布里では出荷する魚に応じて箱の種類が違います。真中ほどに見えるのが活魚出荷専用箱で箱一杯に海水を入れてエビなどを出荷します。
左下に見えるのがサワラなどの魚体の長い魚専用の箱です。見にくいですが箱の片方を破って尻尾が飛び出しています。
その他の魚の殆どは活魚専用箱のラベルの色が赤で四箇所に水抜きの穴が空いていて、魚種により違い魚の上か下に氷を敷いて出荷します。

ひとつ前へもどる